EFO(エントリーフォーム最適化)

「ランディングページの完成度が高いから、フォームは普通でいいよね?」
…なんて後回しにされがちなお問い合わせフォーム。
実は、せっかくお問い合わせページまで辿り着いたのに、ここで離脱してしまうケースが意外と多いのです。

EFO(エントリーフォーム最適化)

EFOとはEntry Form Optimizationの略でエントリーフォーム最適化を意味します。
フォームを改善し、コンバージョンアップを図る施策になります。

なぜEFOでコンバージョンが大きく改善されるの?

ユーザーは「購入したい」「知りたい」というモチベーションで、お問い合わせページにアクセスしていると考えられます。よって、そのままスムーズにアクションを起こしてもらえれば、売り上げ向上やリードの獲得につながります。
逆に、使いにくいフォームのせいでユーザーの気持ちを冷ましてしまうなんて残念ですよね。
大切なファンをなくしてしまうことにもなりかねません。
途中離脱を減らすだけでもコンバージョンは大きく向上します。EFO対策で機会損失を防いでいきましょう。

EFOの具体的な対策は?

ユーザーが入力の途中でページを離れる原因として、

  • 入力が面倒
  • 未入力エラーにストレス
  • 手違いでページを遷移させてしまいやり直しで挫折…

などがあげられます。
入力がラクに感じられるようなフォームの作成を目指しましょう。

1)入力項目を減らす。入力欄は分けない

入力項目が多いと、ひと目で面倒という印象を与えてしまいます。
「ずっとこの項目を使用しているから…」「なんとなく情報がほしいから」という理由で入れている項目を思い切って削除してはいかがでしょうか。
また、入力欄が分かれていると、カーソル移動やタブ移動など、ユーザーの手間を増やします。
例えば「姓」や「名前」。問題なければ同じ入力欄にしましょう。

2)フォーム内の不要なリンクを削除する

入力の途中でページ遷移してしまい戻ってまたやり直し…。イライラがたまりますね。これを防ぐため、サイドバナー等、リンクボタンをなるべく省いて、ユーザーが入力に集中できるよう配慮します。また、間違ってページを遷移してしまうのを防ぐために、ページを離れてもよいかを確認するポップアップを表示する方法もあります。

3)フリガナの自動入力、郵便番号入力による住所の自動入力

入力の手間を減らす手段の一つです。フリガナは、氏名入力の際の変換前の文字列が表示されるため、ユーザーのお名前によっては再入力の必要があります。住所の自動入力では番地や部屋番号まで入らないので、入力漏れに注意が必要です。

4)入力条件をできるだけ付けない

エラーによるストレスを減らすため、半角・全角、ひらがな・カタカナ、ハイフンの有無などどちらでも問題ない場合には入力エラーにならないように設定します。

5)必須項目、エラーの個所や内容が分かりやすいレイアウト

なぜエラーになるのか分からないと、再びエラーを繰り返しストレスが生じます。
必須項目に気づかない、入力項目を見落とす、文字が読みづらい等デザイン面でもエラーの要因をつぶしましょう。
また、入力例を記載しておくと入力がしやすくなります。

6)スマホ対応

スマホは画面が小さく、操作性からもPCより入力が面倒に感じる方が多いです。入力内容によりキーボード表示を自動で切り替える、1カラムで見やすくする、タップしやすいように大きめのボタンにするなど、ユーザビリティを向上させることが大切です。

おわりに

上記は施策例の一部です。
ユーザー層によっては自動入力やポップアップ表示がかえって使いにくいなどの結果が出る場合もあります。施策を行った後は効果を確認してください。

「購入フォームへのアクセスはあるのに、売り上げはそれほど伸びていない。」
EFOは、そう感じている方に特におすすめですが、売り上げが順調というサイトでもフォームを見直す価値はあると思います。
ストレスがないか、すいすい購入できるか。ユーザーの立場に立って、少しでも満足感、信頼感を得られるサイトにしていきたいですね。